早漏の防止に治療

早漏について考えてみましょう!

早漏とはなんなんでしょうか?

早漏に悩んでいる男性は多くいると思われます。
また、相手が早漏の男性であることに不満を感じている女性もたくさんいると思われます。

 

ここでは、早漏とはなんなのかを探っていきたいと思います。

 

早漏とは、性交するときに相手である女性が性的満足を得ないうちに、男性側が射精してしまうことをいいます。

 

対義語としては遅漏が挙げられます。もっと具体的にいうと、膣内にペニスを挿入後、30秒間、射精を我慢できずに射精してしまうことをいいます。
1分または2分の射精も早漏と言われます。

 

そもそもは、相手側の女性が満足したかどうか、性器を刺激する時間が長いか短いかにかかわらず、男性がオーガズムに達する前に射精してしまうこと、つまりオーガズムと射精の順番が入れ替わることを示す言葉でした。
しかし、現在はその意味では使われないようです。

 

「三こすり半」という言葉がありますが、これは早漏をたとえた俗語です。
「三行半」をもじった言葉ですが、これは三回半こすっただけで射精してしまうという意味があります。
もちろん三回半だけとは限らず、あくまでもたとえです。決して好意的な意味では使われません。

 

 

日本人男性の3割は早漏

性機能障害のうち、およそ30%は早漏であるとも言われます。100人の男性のうち、約30人が早漏というわけです。
また、女性の75%が2分以内に射精されたことがあるというデータもあります。相当数の女性が不満を感じているということになります。

 

ただし、膣内への射精が行えることと、男性の自慰行為による精液によって人工授精も可能なので、男性不妊症というわけではありません。
しかしながら、早漏は多くの男性にとっての相当深い悩みだと思われます。
自分自身でもこれは早いなと感じている場合もあれば、女性側が早漏だと思う場合もあります。

 

いずれにせよ、食欲、睡眠欲と並んで3大欲求のひとつとされる性欲が満たされないというストレスが生じます。
普通の性欲を持つ、相手の女性とのスキンシップやコミュニケーションにも支障が生じるのは避けられません。
そういった場合に、何らかの対策が必要となってくるでしょう。

 

早漏 治す

  1. 早漏を治す「早漏防止サプリメント」には効果があるのか
  2. 早漏を治す為に日常生活の改善に目を向けてみよう
  3. 早漏を治すお薬には早漏改善に効果があるのか
  4. 早漏を治す為に必要な栄養素に目を向けてみよう
  5. 誰でも出来る早漏を治すセルフケア方法

早漏を治す「早漏防止サプリメント」には効果があるのか

 

早漏は男性にとって大きな悩みであり、早漏の男性はどうしたら早漏が治るのか、日夜考えている方も少なくなりません。
ケアをしたいけれど、痛いケアや無理なケアは出来れば避けたいものですよね。

 

そこで注目されている早漏を治すアイテムといえば、「早漏防止サプリメント」です。
サプリメントを摂取するだけで早漏が改善されるなら、こんなに楽な事は無いですよね。

 

早漏防止サプリメントは、このような内容で早漏防止へと導きます。

 

  • 精神安定効果のある成分配合で、精神安定により射精しにくくさせる。
  • リラックス成分配合で、早漏防止に導く。
  • 鎮静成分が多く含まれている。

 

このように、自律神経が射精と密接である事に目を向け、自律神経をコントロールし早漏防止へと導く流れとなります。
交感神経が優位になる事で射精しやすくなり、副交感神経が優位になる事で射精しにくくなります。
副交感神経を優位にする、つまりリラックス状態を維持できるようにできれば、射精しにくい状態となるという事となります。

 

しかし、早漏防止サプリメントで早漏が克服したという声は少ない傾向があります。
その理由は、早漏防止サプリメントに効果が無いというわけではありません。
早漏防止サプリメントで効果が出にくいと言われているのには、これらの理由があるからです。

 

あくまでサプリメント

サプリメントはお薬ではないので、緩やかに響いていく作用で効果を発揮していく、健康食品です。
その為、短期間摂取しても効果は発揮しません。

 

摂取期間が短い

早漏防止サプリメントを摂取して効果があったという声が少ないのは、ほとんどの方が短期間での摂取で効果を得る部分までたどり着けていないという事となります。
飲み続ければ効果を発揮するはずなのに、途中で止めて効果を得る事が出来ないなんて、こんなに残念な事はありません。
早漏防止サプリメントを摂取して早漏ケアする場合は、長い目で見て摂取してケアしていく事が大事となります。

 

サプリメントで体質改善して早漏ケアに繋げる事のメリットは、これらが挙げられます。

 

副作用が無い

サプリメントは健康食品ですので、副作用が無いという事です。
その為、どなたでも安心して摂取が出来ます。

 

飲むだけで良い

錠剤やカプセル状の物を飲むだけですので、とても簡単なケアとなります。

 

このように、早漏ケアの中では1番挑戦しやすいケアとなりますので、無理なケア以外で早漏ケアへと導きたい方にはとてもオススメです。
しかし、副作用が無い分効果を得るまでには長い時間がかかってしまいます。
早く効果を得たい方には不向きですが、長い目で改善が可能なのであればオススメ出来る早漏を治すケアとなります。

 

また、1つ注意したいのが、サプリメントという事で即効性が無い部分に対し、海外製に手を出してしまう方がいらっしゃる事です。
海外製の早漏改善サプリメントにはオーバーな広告がある物もあり、ついつい目が行ってしまい試してみたいと思われる方もいらっしゃるようです。
しかし、日本人が海外勢のサプリメントを摂取する事は大変危険です。
その理由は、これら挙げられます。

 

サプリメントはその国の人間の特徴に合わせて作られている

日本製のサプリメントは日本人に合わせて作っており、外国製のサプリメントは外国の方に合わせて作られております。
日本人は外国の方より体の作りが小さいので、外国のサプリメントを摂取してしまうと成分の量が多すぎて副作用を起こしてしまう事があります。

 

海外製には日本で認可されていない成分が入っている事がある

海外と日本では法律が違うので、日本では認可されていない強い成分も海外では使用が可能な場合があります。
その為、海外のサプリメントは刺激が強い傾向があり、性機能障害や不感症に陥ってしまうケースも少なくありません。

 

サプリメントは薬ではなく、健康食品です。
その為、飲み続ける事で効果を発揮する流れとなります。
飲み続けていき、サプリメントの成分を体内で効かせて発揮させるよう導きましょう。
サプリメントで体質改善をし、早漏に悩まない自分になりましょう。

 

▲メニューに戻る

早漏を治す為に日常生活の改善に目を向けてみよう

 

早漏を改善する為に必要な事は、ペニスに対してのケアばかりではありません。
生活習慣の見直しも必要となり、とても大事となります。
その理由は、精神状態をリラックスさせる事で射精を遅らせる事が出来る神経伝達物質「セロトニン」の分泌量を増やす事が必要となり、それは生活習慣に大きく左右されるからです。
生活習慣次第でセロトニンに分泌量は左右され、生活習慣に良くない部分がある場合は、セロトニンが減ってしまい早漏へと結びついてしまいます。

 

セロトニンと深い関係があるのが、ストレスです。
ストレスを上手く発散する事でセロトニンを増やす事が出来、早漏解決へと導く事が出来ます。
セロトニンを増やすために目を向けて欲しい生活習慣の改善ポイントを、ご紹介致します。

 

運動不足

運動不足はストレスが溜まりやすい状態となってしまい、セロトニンの分泌が鈍くなってしまいます。
簡単な運動でいいので、習慣づけるようにしてみましょう。
軽めな運動で良く、ウォーキング、階段の上り下りなどの誰でも気軽に出来る運動でOKです。
もちろんキツめの運動でも良いのですが、それは負担になってストレスとなってしまうと意味が無くなってしまいます。
気持ちがリラックスして達成感がある運動を、行う様にしてみましょう。

 

食生活の改善

早漏の方は、食生活の質の悪さが大きく上げられる場合は大半です。
これらに目を向けて、改善するようにしてみましょう。

 

糖分を取りすぎない

糖分の取り過ぎはセロトニンの分泌の邪魔をしてしまいますので、絶対に良くありません。

 

トリプトファンが含まれている食べ物を摂取する

大豆製品、乳製品、鶏卵はセロトニンに分泌を増やすトリプトファンが多く含まれていますので、オススメです。

 

よく噛んで食べる

よく噛んで食べるようにすると、リズミカル運動になる事でセロトニンの量を増やす事が出来ます。

 

腸内環境を整える

腸内環境が良くないと、トリプトファンを脳内へ運ぶ事が出来ずセロトニンを増やす事が出来ません。
セロトニンをより効果的に脳内に運ぶためには、腸内環境を整える事が大事となります。
ヨーグルトなどの乳酸菌やお味噌や納豆などの発酵食品を食べるようにし、腸内改善へと導くようにしましょう。

 

質の良い睡眠を取る

睡眠不足は、セロトニンが分泌しにくくなってしまいます。
また、自律神経のバランスが乱れてしまい、早漏を悪化させてしまいますので良くありません。
質の良い睡眠を取るようにし、遅くても0時にはお布団に入るようにしましょう。
22時〜2時の間にあるゴールデンタイムに熟睡をすると、体内がリセットされセロトニンが分泌しやすい体質となります。
また、朝は太陽の光を浴びるようにすると、セロトニンの量がグッと上がります。
起きたらカーテンを開けて、朝日をしっかり浴びるようにしましょう。
理想は、30分間朝日を浴びる事です。
30分以上朝日を浴びると、セロトニンを効果的に発する事に繋げる事が出来ます。

 

会話をする

早漏の方は、コミュニケーション不足の方が多くいらっしゃいます。
声を出してお話する事はストレス発散に繋がりますので、セロトニンが増えやすくなります。
親しい人と電話で話したり等、日々声を出す事を日常化させると、セロトニンの分泌により早漏を改善へと導く事が出来ます。

 

これらのセロトニン改善ケアは、継続しないと効果を発揮する事が出来ません。
セロトニンのケアは3か月は必要と言われていますので、3か月以上は続けることが大事となります。
様々な早漏ケアと生活習慣改善を併用して行う事で、早漏改善へと導く可能性を高くする事が出来ます。
これらの改善を行う事が大変ですと、それがストレストなってしまい逆に悪影響となってしまう事がありますので、ご自分のペースで出来るように初めていくと良いでしょう。
徐々に生活習慣の改善を行い、早漏改善が出来る体質へと導きましょう。

▲メニューに戻る

早漏を治すお薬には早漏改善に効果があるのか

 

早漏を治す為にはあらゆる方法がありますが、どれも時間がかかってしまう事が難点といえるでしょう。
そこで、早く早漏状態を改善させる為にオススメなのが、お薬での改善方法です。
このページでは、早漏をお薬で改善させる場合のポイントを、ご紹介致します。

 

あまり日本ではなじみが無い早漏防止のお薬ですが、海外では一般的に使われております。
もちろん、日本でも多くの早漏防止お薬を手に入れる事が出来ます。

 

早漏を治すお薬は、性行為の前に使うお薬となります。
性行為の前にお薬を使う事で、性行為の際に早漏にならずに済ませるという流れです。
性行為の際にお薬を使っていく事で、徐々に早漏改善へと導くという考えとなります。

 

早漏防止のお薬は、飲み薬型と直接ペニスに付けるお薬の2つのパターンがあります。
この2つのお薬について、詳しくご紹介致します。

 

飲み薬型の早漏改善お薬

 

飲み薬型の早漏改善お薬は、これらの2つの種類がございます。

 

早漏防止へと導く飲み薬

早漏防止へと導く飲み薬は、交感神経の活性化を抑える事で射精までの時間を長くする効果があります。
短時間で作用するタイプがほとんどですので、使いやすいという声も多く挙がっております。
安全性は様々な試験により実証されておりますので、安心です。

 

勃起状態と挿入時間の持続を延長させる飲み薬

勃起の持続時間と挿入時間の延長が出来る事で、1回の挿入の際の操縦時間を長くする事はもちろんの事、回数もこなせる事が出来る飲み薬です。

 

飲み薬タイプの早漏防止薬の大きなメリットといえば、これらが挙げられます。

 

パートナーにケアがバレない

ほとんどの飲み薬タイプの早漏防止薬は、性行為の1時間前に摂取するものです。
その為、性行為の時間を見計らって前もって飲んでおけばよいので、相手にバレずに済みますし当人にも精神的に負担がかかりません。

 

飲むだけなので簡単

飲み薬タイプは、錠剤若しくはカプセル型を飲めば良いだけですので、とても簡単なケアです。

 

デメリットは、性行為の時間を見計らって飲むという流れですので、性行為までの時間が想像と違うと効き目が薄くなってしまう事もあるという事です。

 

直接ペニスに付ける早漏改善お薬

 

直接ペニスに塗布する塗り薬タイプは性行為前にペニスに直接塗布する塗り薬であり、局所麻酔薬タイプとなります。
クリーム型とスプレー型の、2つの種類があります。

 

直接ペニスに塗布する塗り薬タイプのメリットは、これらら挙げられます。

 

即効性がある

即効性がありますので、挿入の際に間違いなく効果を発揮できる事に繋げる事が出来ます。

 

持続性があるので回数をこなせる

持続性がありますので、1回のみではなく回数をこなすたびに早漏じゃない状態へと導く事が出来ます。

 

また、デメリットは、これらの3つがあります。

 

彼女に隠れて塗らないといけない

塗り薬やスプレータイプの場合は、塗布した後に効果が発生しますので、いざ性行為を行う前に隠れて塗らなければいけません。

 

塗った事がばれてしまう事も

塗った事が結果としてパートナーにばれてしまう事も無いとも言えないので、結構なプレッシャーになるかもしれません。
早漏状態をパートナーも理解していれば、性行為寸前に塗る事は簡単といえるでしょう。

 

塗った状態が性行為以降にも続く事もある

塗るタイプのお薬の場合、局部麻酔効果となります。
その為、性行為が終わってもその効果はしばらく続いてしまう事もあります。
数時間ほど、少し違和感に思えるかもしれません。
また、コンドームを付けずに性行為をしてしまった場合、塗り薬の局部麻酔効果が女性器にも影響を与えてしまう事があります。
女性器は男性器よりも敏感に出来ていますので、女性器に影響を与えてしまうのは危険です。
塗るタイプのお薬を使う際には、コンドームは必ず付けるようにしましょう。

 

塗り薬型は、飲み薬型の早漏防止薬と併用する事が可能です。

 

これらの早漏防止お薬は、様々な種類が販売されております。
多くはネットで扱っておりますので、色んな物を目にする方も多いでしょう。
お値段も手頃な物が多いので、どなたでも気軽に手に入れる事が出来ます。
ご自分に理想に合わせて選び、早漏改善へと導いてみましょう。
充実したパートナーとの生活を手に入れたいのでしたら、早漏防止のお薬はとても効果的です。

▲メニューに戻る

早漏を治す為に必要な栄養素に目を向けてみよう

 

早漏を改善させる為には、本質部分の体質を改善しない事には体の底から早漏を改善する事は出来ません。
そこで必要になるのが、早漏を治す為の成分の摂取です。
早漏になりにくい状態へと導くのが、滋養強壮回復へと導く成分です。
どのような成分が適しているのか、ご紹介致します。

 

マカ

マカは、精力剤といえば欠かせない成分です。
滋養強壮の他、精力増強などにも役立ちますので、男性には欠かせない成分となります。
マカに含まれている、アルギニンやアルカロイド、デキルトリンが成長ホルモンの分泌とペニスの血行促進へと導きますので、男性らしい勃起状態へと導き、早漏になりにくいペニスへと導いてくれます。
多年草植物の一種であり、通常スーパーなどで並んでいる食べ物には配合されておりません。
その為、サプリメントで摂取する事をオススメします。

 

亜鉛

亜鉛も、マカ同様男性には必要な成分であり、男性ホルモンの合成や分泌に欠かせない成分となります。
精力減退にも効果があり、より男らしい元気なペニスへと導いてくれます。
亜鉛は、牡蠣や豚肉レバー、ホヤ、牛の肩肉、カニ缶、牛ひき肉、卵黄等に多く含まれております。

 

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは、前立腺肥大症の治療薬にも使われている成分であり、男性のペニスには欠かせない成分となります。
早漏を防止する効果があると言われており、早漏防止サプリ等のペニス関係のサプリメントに必ず入っている成分です。

 

ニンニク

ニンニクは、疲労回復や滋養強壮、体力増強に効果があります。
早漏改善に効果があり、ペニス関係のサプリメントに配合されている事が多い食べ物です。

 

この2つの成分は、早漏防止ケアしてくれる嬉しい成分です。
様々な早漏防止ケアを併用して行い、早漏改善へと導いてみましょう。

 

サプリメントで栄養素を摂取する為には、サプリメントの選び方に注意しましょう。
サプリメントは様々なメーカーから出ていますが、選ぶポイントは含有量が多いサプリメントです。
サプリメントのパッケージに必ず記載されておりますので、含有量が高い物を摂取するようにしましょう。
お安いサプリメントは、含有量が少なく余計な成分の配合が多い場合がほとんどですので、注意して選ぶようにしましょう。
メーカーの名前で選んでしまう方が多い傾向がありますが、あくまで大事なのは含有量の多さです。

 

早漏防止には色んなケアがありますが、土台となる体が受け入れる状態ではなければ、そのケアも響きにくくなってしまいます。
様々な早漏ケアがきちんと響くよう、これらの成分を積極的に摂取するようにしてみましょう。

▲メニューに戻る

誰でも出来る早漏を治すセルフケア方法

 

性交時にすぐ射精してしまうのは、男性にとって大きな悩みとなってしまいます。
相手に対して申し訳ないように思えて、とても嫌ですよね。
早漏というのは意外と多くの方が悩んでいる事ですので、ご自分だけと思って強く悩まないようにしましょう。
このページでは、誰でも出来る早漏の予防で早漏を治す事へと導く方法を、ご紹介致します。

 

マスターベーションの方法の改善

早漏の方は、マスターベーションの際に短時間で射精してしまう方が多い傾向があります。
早漏を治すためには、マスターベーションの際に時間を掛けて行うように心がけてみましょう。
普段から時間を掛けて射精させる癖を付けると、射精のコントロールが出来るようになり早漏を治す事が出来ます。

 

包茎の改善

包茎の方は、鬼頭が包皮に包まれている関係上、刺激に対して物凄く弱く過敏性になっている傾向があります。
刺激に強い鬼頭にする事で興奮に慣れるようになり射精しにくくさせる事が出来ますので、包茎を改善させるようにしましょう。
仮性包茎の方は、日頃から皮をむく事で包茎状態を改善する事が出来ます。
包茎を解消して日頃から刺激に強い鬼頭にする事で、早漏の改善へと導く事が出来ます。

 

セックスの際に他の事を考えるようにする

性行為で射精の際に他の事を考えるようにすると、射精しにくくなります。
射精するという事は脳に伝達されて頭から通知される事ですので、その際に余計な事が頭をよぎる事で射精という感覚とならなくなり、持続させる事が出来ます。
射精の前に他の事を考えるような癖が付くと、自ずと早漏が改善され射精まで時間を掛ける事に繋げる事が出来ます。
また、射精の前に我慢する「寸止め」を行う事はトレーニングとなりますので、早漏改善へと導く事が出来ます。

 

PC筋トレーニング

PC筋というのは、尿道と肛門を引き締めて射精や排便のコントロールを行う事が出来る筋肉群の事を指します。
このPC筋をトレーニングする事で、早漏を改善させる事が出来ます。
やり方は簡単で、お尻の穴を5秒かけてぎゅーっと限界まで締めて5秒キープし、ゆっくり力を抜いて5秒間リラックストレーニングを、1回10セット朝、昼、晩、寝る前の4回行うだけです。
肛門をキュッと引き締めて緩めるだけですので、とっても簡単です。
家に居なくてもどこでも出来ますので、時間が空いた時に行うようにしてみましょう。

 

亀頭マッサージ

亀頭を手の平でなでる事で刺激に慣れさせ、射精しにくくさせるトレーニング方法です。
刺激に対し抵抗力と付ける事で、早漏改善へと導きます。
あくまでトレーニングという事で、定期的に行う事が大事となります。

 

いかがでしたか。
早漏のケアというのは、他の方には相談しにくいものです。
1人で悩んでいても解決しませんので、これらのケアで早漏改善へと導いてみましょう。
早漏が克服できれば、性行為に自信が持てるようになり、パートナーとの関係も今より一層よくなる事間違いありません。

▲メニューに戻る

早漏